e-Tax

e-Tax(イータックス)の利用をオンラインで開始する方法(個人事業主の場合)

この記事の対象者

  • e-Taxの利用を開始したい
  • 利用の開始を郵送ではなく、オンライン上(Web上)で行いたい
  • (会社ではなく)個人の確定申告や個人事業主として開始したい

e-Tax(イータックス)の利用の開始方法

e-Taxの利用を開始するには、二つの方法があります。
・郵送で提出する方法
・オンラインで提出する方法(ウェブ上での申請)

ここではオンラインで開始する方法を紹介します。

e-Tax(イータックス)のHPからe-Taxの開始届を提出する

e-Taxの開始届出書を作成してウェブ上で申請を行います。

e-Tax(イータックス)の開始届出書作成・提出コーナーにアクセスする

まずは「e-Taxの開始(変更等)届出書作成・提出コーナー【届出書の選択】」のページにアクセスします。

⇒e-Taxの開始(変更等)届出書作成・提出コーナー 【届出書の選択】|e-Tax

HPにアクセスしたら、個人の方をクリックします。

「1 開始届出(初めての方)」の「個人の方」をクリックします。

クリックすると新しいタブで「開始届出(個人の方用) 新規」のページが開きますので、「次へ」 をクリック して先に進みます。

次に「氏名等の入力」の画面がでてきますので、各項目を入力していきます。

  • 氏名(フリガナ)※必須…ご自身の氏名のフリガナを入力します。
  • 氏名※必須…ご自身の氏名を感じで入力します。
  • 生年月日※必須…ご自身の生年月日を半角数字で入力します。
  • 電話番号…電話番号を入力します。
  • 職業(事業内容)…ご自身の職業や事業内容を入力します。
  • 屋号(フリガナ)…屋号をつける場合には屋号のフリガナを入力します。
  • 屋号…屋号をつける場合には屋号を入力します。
    ※屋号とは個人事業主の方がご自身の名前以外に事業で名乗りたい名前がある場合に使用する名称です。店舗名や事務所名などです。決まっていない方は個人名だけでも問題ありません。

入力が終わったら「次へ」をクリックします。

次に「納税地及び提出先税務署の入力」の画面で納税地及び提出先税務署の入力を行っていきます。

納税地及び提出先税務署の入力をまず入力していきます。

  • 郵便番号…ご自身の住所を入力します。こちらを入れて「郵便番号から住所と提出先税務署を検索」をクリックすると住所と書類などを提出する先の税務署が入力されますので、必須ではありませんが、こちらを利用するのを推奨します。
  • 住所※必須…ご自身の住所を入力します。1点目の郵便番号の「郵便番号から住所と提出先税務署を検索」を使用すればある程度入力がされると思います。丁目・番地、ビル名等を追加で記入します。

次に「税務署へ事業所等を納税地として届け出ている方は入力してください。」が必要な方は、記載をしていきます。

基本的に個人事業を行っている方でも不要となりますが、店舗がある場合や事務所がある方で、店舗や事務所の住所で税金の申請を行いたい方はこちらを使用します。

悩まれた方は特に記載をしてなくてよいことが多いかと思いますので、グレーアウトしたままでOKです。

店舗や事務所の住所で記載したいという方はチェックボックスにチェックを入れると住所の入力が可能になりますので、郵便番号を入力して「郵便番号から住所と提出先税務署を検索」をクリックして事業所や所在地を入力します。

最後に「提出先税務署の選択」を行います。

郵便番号から「住所と提出先税務署を検索」をクリックすると「提出先税務署の選択」が自動で入力されているかと思いますので、入力がされていればOKです。

住所を手入力された方は、郵便番号を入力して「郵便番号から住所と提出先税務署を検索」をクリックするか「提出先税務署を検索」の所轄の税務署は「こちら」からご確認ください。の「こちら」をクリックして所轄の税務署を確認して入力します。

提出先税務署の選択の確認が終わったら、「次へ」をクリックして先に進みます。

次へをクリックすると暗証番号等の入力に進みます。

暗証番号等の入力を行います。

  • 暗証番号※必須…英小文字と数字を含む8桁以上を入力します。
  • 秘密の質問と答え…暗証番号を忘れた際にこちらを入力していると本人で暗証番号の設定が行えますので、設定しておくとよいかと思います。(メールアドレスの設定も必要になってきます。)

コメント

コメントを残す

*